任意売却業者コラム 任意売却って何?

略して任売とも呼ばれる任意売却(任意売買ともいう)は不動産を保持している方には馴染みのある言葉でしょう。大阪では東京に次いで全国の中でも最も件数が多くなっています。しかしその言葉の意味やシステムを知らない方も多いのではないでしょうか。実は様々な点で素晴らしいシステムである任意売却。今回は「任意売却とは?」というテーマでその定義やシステムをご紹介いたします。

競売よりも任意売却

任意売却とは債務超過状態(家が売れる金額よりも住宅ローンの残高が多い状態)の不動産を売却することを意味します。住宅ローンを払えなくなると債権者である金融機関は裁判所を通じて強制的に不動産を売り、それでも残った債権を債務者が返済していく競売手続きがとられることが多いです。この競売を避けるためには任意売却によって抵当権を解除して売却する必要があります。これにより不動産売買価格がローン残高を下回っても債権者の合意を得ることで売却ができるようになります。

任意売却のシステム

競売では金融機関が裁判所を通じて手続きを行ないます。対して任意売却では、不動産コンサルタントが債権者と債務者の間に入って調整を行います。裁判所が介入せず両者の意思で不動産を売却するため、債務者自らの判断で行なうことの出来る融通の利く手続きとなっています。

また債務がなくなるという点では自己破産と似ています。しかしながら任意売却の前に自己破産をすると、自宅が資産として扱われるため、管財手続きが必要になるため多額の予納金が必要になってしまいます。また任意売却では引越し代が支払われることがありますが、自己破産の場合、引越し代の交渉ができなくなってしまいます。

まとめ

任意売却についてご理解いただけましたでしょうか。
ポイントは強制的ではなく不動産の保持者の意思によって売却ができるということや任意売却後に残る残債が圧縮・免除になる可能性もあるといったことです。次回ではより具体的に競売や任意売却の違いについて迫っていきたいと思います。

最新任意売却の業者ランキングを見る

任意売却業者ベスト3

  1. 第1位
    オーナーズ・プランニング株式会社
  2. 第2位
    株式会社グランソレイユ
  3. 第3位
    株式会社管材ソリューション