任意売却業者コラム 任意売却と競売の違いは

前回は任意売却の意味やシステムについてお話いたしました。住宅ローンの支払いが困難な方にとって最もメジャーな売却手段は「競売」ですよね。前回は任意売却のみについてご紹介して参りましたが、競売について知りたいかたも多いのではないでしょうか。そこで今回は任意売却と競売の違いについてご説明いたします。

お金の面での相違点

【売却価格】
競売の場合、転売目的の入札が多いため市場価格とはほど遠い低い金額で落札されてしまうことが多いです。一方で任意売却では話し合いによる売買のため市場価格に近い高値で売却することができます。また売却代金の中から引越し代などの諸費用が配分される可能性も高くなります。
【残債の負担】
競売の場合は、多額の残債の強硬決済を強いられ時には給料を差し押さえられることもあります。任意売却では債権者との話し合い・圧縮された残債により余裕のある返済計画が可能になります。

その他の相違点

【プライバシー】
競売に掛けられると、裁判所の執行官による自宅調査が行なわれ、落札しようとする多くの不動産業者が自宅周辺に来ることがあります。これによって近所に競売の事実が知れてしまうことがあります。任意売却では通常の引越しのように販売活動が行なわれプライバシーが守られるため、その地域に住み続けることが可能です。
【精神面】
裁判所が介入する競売では債務者の意向は反映されず強制的に売却が行なわれるため、精神的ダメージが大きくなります。一方で任意売却は裁判所を通さずに債務者の意思で行なうため精神的ダメージは少ないです。
【引越しなどの条件】
競売の場合、不動産業者から強制退去を迫られることになります。これに背いた場合、不法占拠者という扱いになり、法的措置をとられることもあります。任意売却の場合、引越し時期やその他条件についての話し合いが可能です。

まとめ

これまで見てきたように、競売よりも任意売却の方が様々な点で良いと言えるでしょう。
次回は任意売却のメリット・デメリットについて整理いたします。

最新任意売却の業者ランキングを見る

任意売却業者ベスト3

  1. 第1位
    オーナーズ・プランニング株式会社
  2. 第2位
    株式会社グランソレイユ
  3. 第3位
    株式会社管材ソリューション