任意売却業者コラム 任意売却の流れ

まずは督促状を見て検討

住宅ローンなどの返済を滞納してしまうと、その融資を受けている債権者の方から支払督促状などが郵送で送られてきます。督促状には、返済方法の見直しや、返済しないと不動産が競売になるということが書かれており、警告文も含む大切な書類です。

督促状が届きましたら、返済方法に対して見直しした上、それでも返済が厳しい場合に任意売却を検討しましょう。

依頼先の検討、不動産調査、専任媒介契約の締結

任意売却を決心したら、次はそれをどこに依頼するか決めましょう。
任意売却の専門業者に依頼する方法もあれば、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する方法もあります。
そして売却依頼先に不動産の調査や査定をしてもらい、自分の不動産の市場価値を把握し、納得がいったらその依頼先と専任媒介契約を締結します(※一般の不動産取引の場合と異なり、何社も同時に売却依頼することができないので、契約形態は専任媒介契約のみになる点にご注意ください)。

報告、販売活動開始、債権者間交渉

選任媒介契約締結後は債権者や連帯保証人などに対して任意売却の依頼を受けたことについての報告を行います。任意売却の同意が得られたら、正式に販売活動を始めてください。
その後、不動産の購入希望者から購入申し込みがあれば、売買希望価格を元に債権者への返済配当契約書を作成して、交渉を行う、という流れです。

売買契約締結、決済

債権者などから売却について同意が得られれば、そこで晴れて買主と売買契約を締結します。
決済する場所についてですが、買主が融資を受ける金融機関の最寄りの支店で行うことになります。決済の際に、債権者や連帯債務者なども出席することになります。

まとめ

任意売却の流れは以上のようになります。
よくわからないという場合でも、専門家に相談すればきちんと段取りを整えてくれるので心配はありません。
まずは早めに相談してみるのが第一です。

最新任意売却の業者ランキングを見る

任意売却業者ベスト3

  1. 第1位
    オーナーズ・プランニング株式会社
  2. 第2位
    株式会社グランソレイユ
  3. 第3位
    株式会社管材ソリューション