任意売却業者コラム 任意売却に掛かる費用

任意売却についていろいろと理解したところで気になってくるのはそれに掛かる費用ですよね。残債がある方にとって、売却費用が高いのは悩みの種になります。しかしながら任意売却にかかる費用の考え方は一般の売却と大きく異なります。そこで今回は任意売却にかかる費用についてお伝えいたします。

一般的にかかる売却費用

一般的な不動産売却にかかる費用をご紹介いたします。

【仲介手数料】こちらは売却価格の3パーセント程度かかります。
【抵当権抹消登記料】債権者の抵当権を抹消するのにかかる費用になります。
【税の差押解除料】差し押さえになっている場合、それを解除する必要性がありこれにもお金がかかります。
【引越費用】債務者の引越しの費用になります。
【残置物撤去費】部屋の中に物が多いと、運搬費や保管費用などで多くのお金がかかります。

これ以外にも諸費用が掛かってくるのが通常の売却になります。
更に残債がある場合にはこれを支払う必要があります。

任意売却には費用が掛からない

先で見てきたように、一般の売却の場合、売却時に借入金全額を返済しなければならないため、売却した金額よりもローン残高が高い場合は残債や費用を支払うために手持ち資金が必要となります。
一方で任意売却には費用が掛かりません。これはどういうことかと言うと、不動産の売却金額から返済分と上記の費用が支払われるためです。債権者との交渉によって売却代金から全ての経費を控除し、場合によっては引越し代金も債務者に還元され残りを債権者に返済するということです。

まとめ

任意売却には費用が掛からないというのは意外でしたでしょうか。
不動産保持者にとって大きなメリットがあるのが任意売却です。
しかしながら任意売却をすることができるのか、それとも競売になってしまうのかというのは、税金滞納の有無など不動産保持者の状況や任意売却業者の力量によるところが大きいのです。

最新任意売却の業者ランキングを見る

任意売却業者ベスト3

  1. 第1位
    オーナーズ・プランニング株式会社
  2. 第2位
    株式会社グランソレイユ
  3. 第3位
    株式会社管材ソリューション