任意売却業者コラム 任売売却のメリットデメリット

任意売却のメリット

前回までの記事で述べてきたように、任意売却には①市場価格近くで売却できること、②残債の負担が軽くなることがあるということ、③比較的プライバシーが守られること、 ④精神的に楽なこと、⑤引越しなどの条件は交渉によって決められることなどのメリットがあります。
これは競売であれば何もかも主導権が債権側・裁判所に握られてしまう一方で、任意売却であれば債務者と債権者の交渉によって手続きが進んでいくためです。

任意売却のデメリット

・通常の不動産売却や競売の場合、債権者の銀行と交渉することはありません。任意売却の場合は、売却金額や返済する残債について債権者の同意が必要になります。タイムリミットもあるため、複雑かつ忍耐の求められるタフな交渉が必要になってしまいます。多くの場合は、任意売却業者を通して間接的に交渉を行ないます。

・通常の住宅ローンの状態では交渉ができないため、あえて数ヶ月間住宅ローンの支払いを止めなくてはなりません。これによって支払いの滞納とみなされ信用情報機関に登録されてしまうことを承知しなくてはなりません。一度登録されると5年間ほどはローンが組めなくなってしまいます。(クレジットカードは滞りなく使えることがほとんどです)

・任意売却の代理依頼をした業者によっては、希望価格では売れない、時間切れで競売になってしまうといった思いもよらない事態が起こることがあります。したがって業者の選択を慎重にしなければいけません。

まとめ

任意売却にもデメリットは存在します。
特に競売などとは異なり交渉ごとであるため、タフな時間を過ごすこともしばしばあります。
しかしながら多くの場合、優良な任意売却業者に頼むことで解決できます。
実際に実行に移す際には業者の選び方には特に注意しましょう。
良い業者の選び方については次回以降ご紹介いたします。

最新任意売却の業者ランキングを見る

任意売却業者ベスト3

  1. 第1位
    オーナーズ・プランニング株式会社
  2. 第2位
    株式会社グランソレイユ
  3. 第3位
    株式会社管材ソリューション